納骨する際の骨壷にはどのようなサイズがある? - ペット火葬から納骨・セレモニー(大阪・神戸市・京都・滋賀・奈良) | ペット火葬 大阪 こころみたす

納骨する際の骨壷にはどのようなサイズがある? - ペット火葬から納骨・セレモニー(大阪・神戸市・京都・滋賀・奈良) | ペット火葬 大阪 こころみたす

トップページ

>

「こころみたす ペット思い出セレモニー」のコラム

>

納骨する際の骨壷にはどのようなサイズがある?

コラム

納骨する際の骨壷にはどのようなサイズがある?

納骨の際に知っておきたい骨壷のサイズ

納骨の際に知っておきたい骨壷のサイズ

ペットの納骨に使う骨壷にも、人間と同じようにサイズがあります。人間の場合、京都などの関西でよく使われるのは6寸ですが、小鳥やハムスターといった小さなペットであれば2寸(高さ約7.5cm×直径約6.5cm)の骨壷に十分収まります。フェレットなどの小動物は2.3寸(高さ約8.5cm×直径約7.0cm)、子猫やウサギなどは3寸(高さ約11.0cm×直径約9.5cm)が目安になるでしょう。

成猫や小型犬の場合は4寸(高さ約14.0cm×直径約12.5cm)、中型犬ほどの大きさであれば5寸(高さ約17.5cm×直径約15.5cm)が妥当です。大型犬あたりの大きさになりますと、6寸(高さ約20.5cm×直径約18.0cm)か7寸(高さ約25.5cm×直径22.0cm)の骨壷に収めることが多くなります。もちろんペットの骨格によって多少異なる場合もありますから、大まかな目安として参考にしてください。

京都でペット火葬を依頼するなら訪問による対応が可能な「こころみたす ペット思い出セレモニー」

京都でペット火葬を依頼するなら訪問による対応が可能な「こころみたす ペット思い出セレモニー」

京都でペット火葬を依頼するなら、隣県まで訪問する「こころみたす ペット思い出セレモニー」をお役立てください。家族の一員であるペットが亡くなると身を切られるように辛いものです。「こころみたす ペット思い出セレモニー」では、葬儀や火葬をきちんと行うことで悔いなく思い出を振り返れますよう、お見送りのお手伝いをしています。

どのようにお見送りをすればいいか分からず困ってしまう方も多いですが、出張訪問による個別火葬や、提携寺院で合同火葬を行うことも可能です。ご要望に沿ったペット火葬・葬儀になりますよう尽力いたします。

ペット火葬を京都など関西エリアで行う会社を探していましたら

ペット火葬を京都など関西エリアで行う会社を探していましたら、どうぞ「こころみたす ペット思い出セレモニー」へご依頼ください。個別火葬の場合は専用車を使って行いますが、社名等は入っていませんので、ご近所に気づかれずお見送りができます。お花や手紙など一緒に火葬できるものもありますので、大切な思い出を胸に見送ってあげましょう。火葬が終われば収骨を行い、骨壷に返骨を行っていますが、お客様に希望があれば提携先寺院に納骨をすることも承ります。お葬式も行えますので、ご希望の際はフリーダイヤルよりお問い合わせください。

お役立ちコラム

京都のペット火葬も「こころみたす ペット思い出セレモニー」にご依頼を

商号 こころみたすペット思い出セレモニー
所在地 〒532-0011 大阪市淀川区西中島3-19-15 第3三ツ矢ビル8F
TEL 06-6304-8828
URL http://cocoromitasu.com/

みたす日記

思い出ひろば

すべて見る