ペットの安置方法 - ペット火葬から納骨・セレモニー(大阪・神戸市・京都・滋賀・奈良) | ペット火葬 大阪 こころみたす

ペットの安置方法 - ペット火葬から納骨・セレモニー(大阪・神戸市・京都・滋賀・奈良) | ペット火葬 大阪 こころみたす

トップページ

>

安置方法

最初に
してあげること

愛するペットに起こる不幸はとても悲しく寂しいこと。
つらい別れになりますが、愛したペットの最後を心からお見送りください。

用意するもの

  • タオルやガーゼ

    タオルやガーゼ

  • 毛布やバスタオル

    毛布やバスタオル

  • ペットシートやビニール

    ペットシートやビニール

  • 保冷剤・氷・水

    保冷剤・氷・水

ペットをご安置ください

  • ペットを適切な姿勢にしてあげる

    01 ペットを適切な姿勢にしてあげる

    動物の死後硬直は手足から始まります。
    硬直してしまう前に関節をもみほぐすようにしながら、優しく胸の方に折り曲げてあげてください。
    また、目や口が開いているときはそっと閉じてあげてください。

  • 安置する場所をつくる

    02 ペットを安置する場所をつくる

    ペットの体の大きさに合わせた段ボールなどの箱をご用意いただき、毛布やバスタオルを敷きます。段ボールの下にはペットシートやビニールを敷いてください。

  • ご遺体を冷やし、綺麗にしてあげる

    03 ペットのご遺体を冷やす

    保冷剤や氷でご遺体を冷やしてください。頭やお腹のあたりから充分に冷やしてください。夏場などはエアコンをなるべく低めに設定した上で、遺体を安置ください。

  • 身体を綺麗にしてあげる

    04 ペットの身体を綺麗にしてあげる

    少し湿らせたタオル等で体を綺麗に拭いてあげてください。口やお尻から体液が出ることがありますが、自然な事なので綺麗に拭いてあげてください。
    目や口を閉じてあげ、ブラッシングなどで毛並みを整えてあげましょう。

  • お別れ・お通夜など行ってください

    05 ペットとのお別れ・お通夜・セレモニーなど行ってください

    生前に好きだった物とお水をそばに置き、たくさんのありがとうを胸に天国で安らかに過ごすことを祈りましょう。お通夜は貴方の思う形で最後を一緒に過ごし、火葬へのお見送りをしてあげてください。

みたす日記

思い出ひろば

すべて見る